環境にも優しい省エネ計画|ビル全体で行なえば経費も削減

男の人

お店の内装業者として

店舗

店舗のデザイン設計をする場合には、売上を十分に確保できるような設計ができる事務所に依頼することが大事です。またきちんとお店のコンセプトを明確にできること、動線の確保もしっかりと計算されていることが重要となります。

もっと読む

効率性の高いオフィスビル

女性

企業がコスト削減を実現するためには、人件費と同時にオフィスビルの運営コストにも注目するべきであり、特に建て替えでビル機能を高めることが重要です。ビルの断熱性を高めることが光熱費の節約につながりますが、動線を見直して働きやすくすることで、作業能率がアップするでしょう。

もっと読む

地球温暖化対策が重要

ビル

ハード設備で対応

日本では巨大な地震が発生して以降、長期にわたり省エネが叫ばれています。地球温暖化によって自然災害も増加傾向を示しています。オフィスビルの省エネは住宅と同様に重要となっています。オフィスビルは一時全面ガラスの採用が人気を呼んでおりましたが、省エネの必要性から最近は外装に庇を採用して日照を防ぐ仕様が増加しています。南側には太陽光パネルを設置してビル内の電力を賄う建物が多くなっています。ビルに入居するテナントもイニシャルよりもランニングコストの削減を重視して省エネビルを選択する傾向が顕著となっています。空調設備にしても執務室を細分化アして調整できるようにする必要がありますので、古いビルよりも省エネ対応の新築ビルが人気を博しています。

行政サイドの厳しい対応

日本は温室効果ガスの削減量を国際公約としておりますので、家庭や企業に対しても数値目標の達成に協力を求めています。太陽光発電については買取価格の設定によって普及を促しましたが、供給過剰に加えて太陽光パネルの価格の低下で、買取価格は毎年低下しています。再生可能エネルギーを事業化する企業の参入が続いており、法人間では削減の枠を購入して削減の義務を果たすところも出てきています。削減枠の取引は国際的に認められてはおりますが、価格の変動が激しいのがネックとなっています。最近はビルの省エネに対して公的にお墨付きをつけることが出来るようになっており、審査機関による客観的な評価が行われています。こうして認証を得たビルはテナントの誘致に有利に働いています。

失敗しないコツ

作業員

作業用のカッパを購入する場合、すぐに汚れるからと安物を選ぶ場合もありますが、長く使用しますから、良いものにしておく方が経済的です。職種によってはポケットの位置や数で作業効率が変わる、ボタン式よりもファスナーの方が便利などがあるため、試着しておきましょう。

もっと読む